Skip to content

トイレの水漏れ修理をしてみよう

トイレの水漏れに気付いたときに、自分で修理をすることができる場合があります。

自分でなおすことができる場合とできない場合があるので、まずは水漏れしている箇所を特定してみましょう。トイレの水漏れで多いのが、タンクから便器に注いでいる水がとまらない、手洗いの水がとまらないという場合です。タンク内にある止水栓が傾きすぎてうまくはまらない、栓と連結しているチェーンが絡まっている、フロートが何かに引っかかったりして正常の位置にないときには、自分で修理をすることができるので、もとの状態に戻しましょう。

給水管や排水管のつなぎ目から水が漏れている、タンク内の止水栓やチェーン、フロートが正しい位置にあるのに水がとまらない、便器やタンクから水がしみだしてくるなどの場合には、自分で修理をすることが大変難しいので修理業者に依頼することをおすすめします。放置していてもなおらないことが多く、場合によっては漏れてくる水の量が増えたり、水圧や温度変化で破裂して水浸しになってしまうことがあるので、早めに依頼をすることをおすすめします。

トイレのトラブルで水漏れと同様に多いのが、排水管のつまりです。つまりの原因を取り除かずに、水を何度も流したり、洗浄剤やラバーカップを使っても元の状態に戻ってしまうのをだましだまし使っていたりすると、つまりがひどくなってあふれてしまうことがあります。水の流れが悪い、便器内にたまっている水位がいつもと違う場合なども詰まっていることがあるので早めに修理を依頼することがおすすめの状態です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *