Skip to content

自力で直せないつまりトラブルはプロに連絡を

つまりトラブルはトイレが代表的であり、トイレットペーパーや便がつまることが多いです。

他にも、スマートフォンやボールペンなどポケットに入れていたものが落下することもありますし、子供の紙おむつや生理用品を流す人もいます。中には、トイレを飾るために置いていた置物が落ちてしまっていたケースもありますし、タオルや掃除用スポンジなどを誤って流してしまうケースも稀にあります。心当たりが無いのにつまりトラブルが発生した場合は、尿石など使い続けたことで蓄積された汚れが原因となっていることもあると言われています。

便器の中にある水を封水と言いますが、つまりのトラブルは封水の状態である程度判断することができます。排水レバーを回して封水の水位が上がって溢れそうになる場合は完全につまっていますし、一度水位が上がってもやがて水位が下がるなら完全につまっているわけではありません。また、水位の低い封水がコポコポと音を立てる場合は、比較的奥の方でつまりトラブルを引き起こしていると考えられます。

しかし、とりあえずは手前の方にトイレットペーパーや便がつまっていることが多いので、まずは自力で修理をしてみましょう。ラバーカップを用いると大体は解決するはずですが、ラバーカップの威力が届きにくい奥側のつまりトラブルの場合はワイヤーブラシや特殊な薬剤が必要にあることがありますので、水道会社に連絡する方が良い場合もあります。よく知らずに色々な方法を試すと、便器や配管に負担を掛けることもあるため注意が必要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *