Skip to content

水トラブルで厄介なつまり

水回りのトラブルの中で多いものの一つは、排水管のつまりです。

排水管は給水管に比べて太いので、そう簡単につまることはありませんが、しかし毎日長い期間かけて使い続けていくうちに、様々な物が流されていく中で徐々につまってしまいます。大きな固形物を間違って流してしまったり、一度に大量の物を流したりしたときにも、詰まらせてしまうことが多いです。たとえばキッチンの流し台であれば、皿や野菜を洗う中で、食べ物の一部を流してしまったり、洗剤や油を流してしまったりします。

ネットを張っているので通常はそのまま流れていくことはありませんが、それでも隙間から一部が流れ出てしまったり、細菌が発生したりしていく中で、まるで血管の中にコレステロールがつまっていくように、排水管がつまっていきます。このようなキッチンのつまりをそのままにしていると、流れが悪くなったり、悪臭が発生したりするようになります。

キッチンは常に衛生的でなければなりませんから、つまりが発生しないように定期的にクリーニングを行って、つまりトラブルを未然に防ぐことが大切です。パイプクリーナーや重曹を使えば、ドロドロした細菌や食べ物のカスを溶かして綺麗にすることができるのでおすすめです。しかし、完全に汚れを除去するためには、プロの専門会社の手を借りる必要があるでしょう。経験豊富な会社であれば、その経験を活かして、つまりトラブルを解決し、新品のときのように綺麗な状態に戻してくれます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *