Skip to content

トイレのつまりトラブルは自分で直そう

生活の中でよく起こるのが水回りのトラブルです。

特にトイレのつまりが多く、トイレが正常に使えないとなると、日常生活は大変不便になります。つまりが起こる原因として多いのは、トイレットペーパーや排泄物によるものです。排泄物は仕方が無いにしても、トイレットペーパーはゴルフボール7つ分を超えるとつまりやすくなると言われていますので、知っていると防ぐことも可能なのですが、大丈夫だろうとたくさん流してしまうことがよくあります。トイレのつまりトラブルは軽いものなら自分で直すことができます。

トイレットペーパーや排泄物といった水に溶けるものであれば、放置するだけでも良いです。放置している間にすっかり水に溶け、次に排水レバーを回すだけで流れていってくれます。ぬるいお湯をバケツで注いで待つと、より早く溶けて解決までの時間を短くすることができます。このような対応でトラブルが解消しない場合は、ラバーカップも併用してみましょう。ラバーカップはジャバジャバと闇雲に使用しても意味がありません。

押し込んで水流を起こすと思っている人がとても多いのですが、実はラバーカップはつまりを引き起こしている原因の物体を手前に引き寄せるものと考えます。よって、静かに押し込んでザッと引く使い方をします。なぜ引き寄せるのかと言うと、奥に押し込んでしまうとトイレの奥側まで押し込んでしまい、解決が難しくなるからです。ラバーカップを使う時は周囲に汚水が跳ねてもいいように、床に新聞を敷いたり、ビニール手袋やマスクも用意しましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *