Skip to content

ラバーカップでつまりトラブルは直せる

つまりはいつでも起こり得る水回りのトラブルなのですが、中でもトイレのつまりトラブルは多く、悩みを抱える人は多いです。

その理由は、一日に何度も使用する場所であり、トイレットペーパーや排泄物といった塊を流す機会が多いためです。水が流れていく通路は広いと勘違いしている人もいますが、実はそれほどゆとりのあるものではなく、物がつまりやすいポイントが何箇所かあります。一番多いのが便器からすぐ奥の「せき」という部分であり、排水管がきついカーブになっているところです。一度上側に向かって下側に流れていく構造になっているため、多過ぎるトイレットペーパーなどの塊が重くて越えられないことがあります。

また、その奥には下水に流れていく前の部分があり、そこもつまりやすい箇所です。比較的手前でトラブルが発生している場合は、ラバーカップで直せます。しかし、ラバーカップは間違った使い方をしてしまうと、つまっている物体を奥に押し込めてしまうことになり兼ねません。解消までに時間が掛かることになるため注意が必要です。

とりあえず水流を起こして一気に流してしまおうというのはある意味無謀なので、一度冷静になって対処方法を調べることをおすすめします。ちなみに、ラバーカップの正しい使い方は「引く」ということです。押すことに力を入れがちですが、実は押すのはできるだけゆっくり行い、引く時にゴムの力を解放します。引くと言っても持ち上げるのではなく、ゴムの部分は排水口に当てたままです。これを知っているだけでもつまりトラブルは高い確率で直せるでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *