Skip to content

目で見える範囲のつまりトラブルは分解すると簡単です

水周りのトラブルには排水管のつまりがありますが、対策用グッズを駆使しても直せない場合は、修理会社に任せることが解決への近道です。

特にトイレの場合は緊急性が伴う場所なので、早期解決を行うためには修理会社であれば完璧に直してもらえます。つまりトラブルの中には、洗面台で起きてしまうような症状もあり、こちらも対策用グッズで解決できない状態に陥ってしまう可能性もあります。ここで修理会社に依頼する選択肢は決して間違ってはいませんが、もしも、金銭的な部分で節約をしたい方は分解をしてみると意外と簡単に直せます。洗面台の場合は、見える範囲に排水管が取り付けられています。

収納棚を開くと上下に伸びている排水管を見つけることができ、金属製と樹脂製のタイプがありますが、どちらのタイプでも中央付近には湾曲しているトラップがあるので簡単に見分けられます。この排水管は上部の根本部分から取り外すことができ、下側は床下の排水口に差し込んでいるだけの構造が多いので、外す作業は決して難しくはありません。外した排水管は、その内部に異物や汚れがつまっていることになるので、手際よく洗浄作業を行えば元通りに水の流れを良好にできます。

ただし、洗浄する際には道具は必要です。簡単に行いない方はクリーニング店で用いている太い針金のハンガーを伸ばした上で、配管内部に入れる方法があります。この方法で一向に異物や汚れが取れないという場合は、ワイヤーブラシを購入すると便利です。作業を行いながら、随時浴室などを利用して排水管内部に水を流し入れてみて、通りが良くなった時には、最終仕上げにパイプクリーナーを使って頑固な汚れを除去すると、つまりトラブルは無事に解決できます。後は元通りに接続するだけなので時間もそれほど掛かりません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *