Skip to content

トイレの深刻なつまりや漏れに直面したら

トイレは日々の暮らしには欠かせない重要な設備です。

そのため家の水回りの中でも利用する頻度が高く、様々な水トラブルを引きおこしやすいゾーンでもあります。便器のつまりで水が流れにくい、チョロチョロといつまでも水が流れ続ける、あるいはタンク内から常に水漏れの音がする等、その症状も多岐にわたります。一見して大したことがないと思い込み、そのまま放置するのは禁物。トイレ本体はもちろん給水管や排水管、さらに床や建材にまでも徐々に蝕み、やがて大がかりな工事が必要な深刻な事態を招くこともあります。また団地やアパートのような集合住宅では、水漏れや悪臭あるいは異音等で、近所にも迷惑をかけることさえあり得ます。このような最悪のケースを避けるためにも、水トラブルにはスピーディーな対応が求められます。

トイレの水トラブルで代表的なものといえば、トイレットペーパーによる便器のつまりです。水溶性の紙類であっても大量に使用すれば、タンクの水流では処理しきれずに、排水口付近でつまりを引き起こすことになります。市販のラバーカップ等で解消できることもありますが、頑固なつまりであれば、地域で信頼できる修理会社へ連絡すべきでしょう。トイレでは水漏れのトラブルも目立ちます。その多くの原因が、タンク内にあるパーツ類の経年劣化や異常によるもの。例えばボールタップが外れている程度であれば、素人の方でも十分に修理が可能です。しかし断裂や亀裂などでパーツを丸ごと交換するならば、専門的な知識や技術等が必要になります。このようなケースでは無理せずに、地域の修理会社へ速やかに依頼した方が無難です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *