Skip to content

トイレのつまりや水漏れの原因とは

トイレは毎日何回も使うところで、水漏れやつまりなどのトラブルが起きるとほかの水回りの場所よりも早く治したい場所です。

そんなトイレで一番多いトラブルは、つまりです。排水管で何かが詰まって水が流れなくなるということが多いのですが、つまり物の中で多いのがトイレットペーパーや汚物です。トイレットペーパーは水に溶けるので時間が経てば溶けて流れますが、大きな塊になってしまうとなかなか溶けません。そこに汚物もあるともっと詰まりやすくなってしまうのです。これらが詰まると、水を流しても流れず便器の外にあふれてくるというトラブルが起こります。そんな時のために、ラバーカップというものを用意しておくと良いでしょう。ラバーカップはスッポンともいわれ、カップの部分を排水口に押し付けてから引き抜くという使い方をします。引き抜くときの吸引力が強く水を流して詰まったものを流してくれます。

この方法を何回もやってみてそれでもうまくいかない場合は、別のものが詰まっている可能性もあるので専門業者に修理を依頼するようにします。また、水漏れが起こることもあります。トイレの水漏れは便器やタンクにちょろちょろと漏れてくる場合や、便器と床の間から染み出てくるなどの場合など様々ですが、タンク内で水漏れの音がするときはタンク内のボールタップの止水弁の破損や浮き球の不具合が考えられます。便器内にちょろちょろと水が流れるときはタンク内のフロートバブルが原因の場合が多いので、正しい位置に戻したりバブル自体を交換することで解決します。しかしこれらのことが自分でできない場合や、原因がわからない場合は早急に専門業者に依頼をすることが大切です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *