Skip to content

水道詰まりの簡単修理の仕方

キッチンやトイレなど簡単な水道詰まりの修理の仕方もあって、一番手軽なのがラバーカップを使う方法です。

真空状態を作ってつまりの原因を引っ張り上げるもので、排水溝など詰まっている個所に隙間が出来ないように完全にかぶせて、ゴム部分の半分程度浸るくらい水を溜めます。押すときは空気を抜くイメージでゆっくり行い、つまりを引っ張る感じで力を込めて一気に引き抜きます。押すと引くを暫く交互に行って、ごぼっとなにか抜けたような音がしたらつまりが解消した合図になります。

水道詰まりの修理は重曹とクエン酸が効果的で、油汚れや石鹸カスなどが原因なら重曹を使った方法が良くて、つまり以外に滑りや臭いなども同時に撮れて、予防効果もあるので定期的な掃除としても使えます。最初に重曹を水道詰まりを修理するところへ隙間なくふりかけてから、お酢またはクエン酸をその上からかけて泡立ってきたら30分から1時間ほど付け置きし最後に熱すぎないお湯で洗い流します。

行うときは必ず換気をして熱湯で流すと配管を傷める恐れがあり、便器だと割れるためぬるま湯を使います。水が溜まっているときは取り除いて、シンクや便器で水が溜まったままだと原因まで浸透しません。一般的に重曹2に対してクエン酸が1程度で、泡立ち効果が起これば大丈夫です。重曹はクエン酸と反応すると強いアルカリ性を発生させ、油汚れなどは酸性なので反応させてつまりを溶かします。洗い流すときに軽くブラシでこするとより綺麗になります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *