おせち料理は正式な形から変化しても続く事を願います

正月に食べる祝いの料理をおせち料理と言いますが、その起源は弥生時代に遡るとも言われています。

おせちはかなり有益な情報が揃っています。

昔は自然の恵みに感謝し、収穫物を神様にお供えする事を節供と呼んでおり、これがその起源と言われています。



これが、元旦や五節句の宮中行事の節会と合体して宮中行事として定着し、それが江戸時代に庶民にまで広まり、今日まで連綿と続いているのです。

おせち料理の三段のお重には、一の重は祝い肴、口取りを詰め、二の重は焼き物、酢の物、三の重は煮物を詰めるとの決まりがあり、また詰める品にはそれぞれお祝いや願いを象徴する食材を使うのが習わしです。


しかし、近年ではこうした正式なおせち料理のみではなく、現代人の味覚に沿って様々にアレンジもされています。



このおせちには、お正月に料理を作る家事から主婦を開放するという意味もあり、また食材を扱う店が正月に長く閉店する事もあり、昭和の時代にはきっちりと作る家庭が多かったものです。
しかし、最近ではスーパー等は1月2日から開けている所が多く、三が日をおせち料理で賄うという事は減少して行きました。
それでも年中行事の正月の祝いの食事として、簡易的にアレンジして作られている家庭もあります。
また伝統的なものではなく、洋風や中華風の料理も含めて、デパートやスーパーやコンビニや通販でも多くの種類が販売され、こうしたものを利用されるケースも増えています。

正式な形からアレンジがあっても、日本の歴史の中で育まれて来た伝統的な風習は、これからも絶える事無く続いて行く事を願います。